ぎっくり腰・ヘルニア治療

 

腰痛で悩まれている方は少なくありませんが、対処法が間違っていればどれだけ緩和しようとしても無駄骨になるばかりか、余計に悪化させてしまうことにもつながります。

 

特にぎっくり腰・ヘルニアという腰痛に関しては注意が必要で、下手をすると神経を傷つけてしまい麻痺が生ずるような事態に陥ることもあります。ぎっくり腰は筋肉の炎症によって起きる場合もあれば、椎間板ヘルニアが原因となる場合もあります。

 

筋肉の炎症によるものはまず炎症の原因を突き止め、根本的に炎症を抑える治療が必要となりますし、ヘルニアが原因となるものにはヘルニアに対処することが重要です。

 

素人判断で、冷やしたり、温めたり、という対処をしても、痛みの根本原因によっては全く対処できない場合も多く、実は腰痛で悩まれている方の多くがそうした判断の間違いで悪化させてしまっていることが挙げられます。

 

腰痛は早めの治療と予防が必須です

 

ぎっくり腰・ヘルニアは決して甘く見てはならないもので、麻痺や痺れ、激痛によって精神的なうつ症状をも抱えてしまい、日常生活が困難になっている方も決して少なくありません。

 

ぎっくり腰・ヘルニアはそれだけ早め早めの治療と、再発を予防する専門家による指導が必要であると申しても過言ではないでしょう。

 

こうした痛みの原因としては単なる筋肉の問題だけではなく、骨格に問題がある場合もあります。骨格の歪みによる痛みは、骨格を整えるような治療を施すことが大切になります。

 

慢性的な腰痛を抱えている方は特に骨格に問題がある場合も多く、それが蓄積されてぎっくり腰・ヘルニアなどを発症させてしまうこともあります。

 

腰の痛みを放置したりしておくと、治療に大変な時間を要する場合もあります。ぎっくり腰・ヘルニアを予防するためにも、また、出来るだけ早く健康を取りもどすためにも、腰に違和感を抱いた場合には速やかに治療を心がけることが大切です。

 


まずはお気軽に当院までお問い合わせください

 

当院は完全予約制ではありませんのでお気軽にご来院ください。ただし、予約が必要なケースがありますので、何かご不明な点がありましたら、お気軽に下に表示されている番号へ、お電話ください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

calls

診療日のお知らせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA